019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

まきばで雪あそび

2012/01/22 09:26

1月21日(土)から29日(日)までまきばで雪あそびイベント開催。
開催初日には、朝から小雪が舞い少し肌寒い日でしたが元気いっぱいの子供たちがそりで楽しんでいました。

そりあそび (2).jpg

今回のイベントのひとつ「アルマジロボールで楽しんじゃおう!」では雪の斜面をボールがゴロゴロ転がり、スリリング、でも面白い!

アルマジロ.jpg

「アイスづくり体験」では氷と食塩で寒剤の原理をつかってアイスをつくる!ちょっとした科学実験感覚で作ることができます。
参加した子供たちは「なんだコレ?」と不思議そうな感じでしたが、完成したアイスクリームを食べて・・・「うまい!」(絶賛)

アイスづくり.jpg

この時期だからこそ雪に触れられて楽しめることがいっぱい!
まきばで雪あそび!参加してみよう。

(菊池)

雪の朝。

2012/01/19 09:43

昨日に引き続き寒い朝です。
でも、昨日よりは幾分暖かい気がします。
夕べ降った雪が地面だけではなく、木々にくっついて景色がまっ白になっています。

一本桜

一本桜の前には動物の足跡が。

今日も牛舎の牛たちは元気に運動中。

牛

カメラを向けたらすごい勢いで走ってきました(笑)

(野沢)

寒い朝。

2012/01/18 10:55

AM9:00現在マイナス8度の小岩井農場です。
今朝は全国的に冷えたようですね~。

四号牛
そんな寒さの中でも牛たちは元気です。
岩手山を撮ろうとカメラを向けたら、好奇心いっぱいの牛たちがぎゅうぎゅうと集まってきちゃいました。

岩手山
気を取り直して、牛たちに邪魔されないところで岩手山を撮ってみました。

このあたりは、大正時代に宮澤賢治が「ここいらの匂いのいいふぶきのなかで」いったり来たりした、と書いた場所です。
今日は岩手山がすっきり見えていますが、吹雪の時も本当にきれいです。
寒さが我慢できる方は、ぜひいったりきたりしてみてくだいね。

(野沢)

今日もさらに良い天気でした。
農場散策案内人の小原さん手作りの「かんじき」を希望者が使って歩いてみました。
スノーシューとどちらが使いやすいか試してみました。
かんじきは日本古来の用具です。構造はシンプルです。
スノーシューハイク

「西洋かんじき」とも呼ばれるスノーシューはアルミやプラスチックが使われ機能的なつくり。
スノーシューハイク

さあ出発! 日差しがまぶしい中、白銀の世界を歩く!
スノーシューハイク

矢取森牧草地は広い!
スノーシューハイク

背中に日差しを受けて暑いくらいでした。スノーシューハイク

今日は、逢ノ沢沿いを歩いてみました。樹齢100年の杉の大木の中を歩く。
スノーシューハイク

この沢沿いは、春にはカタクリやサクラソウの花が咲くところです。

スノーシューハイク

樹齢43年のドイツトウヒの並木の中を歩くと ・・・
スノーシューハイク

岩手山をバックに長者舘牧草地が広がる。そこで記念写真を撮りました。
スノーシューハイク

かんじきは深い雪ではかなり沈みます。しかし、自由に動きまわれました。
小岩井農場程度の積雪ならば十分に使えることが確認できました。おまけに自作ならまた楽しい。
好天に恵まれた3回のスノーシューハイキングが終わりました。次回2月が楽しみです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

まきばでお正月イベント新春語り部小岩井農場物語を開催。
創業121周年を迎える小岩井農場。その誕生を雫石弁で語る。

新春語り部.jpg
小さいお子さんには方言が難しかったかな?それでも最後まで聞いてくれました。
語りは雫石町出身の菅原好美さん。地元出身とあって雫石弁が次から次へと。さすがです!

小岩井農場かるた.jpg
小岩井農場オリジナルかるたも登場!このかるたは菅原さんの手書きによる手作りかるたです。
宮城県から来ていただいた家族も挑戦!
「楽しかった~」の感想に菅原さんの笑みが印象的でした。
オリジナルかるたに描かれた場面は、実際にガイドがご案内いたします小岩井農場物語ツアーや小岩井農場自然散策などで実際見れる場面が描かれています。

(菊池)

今日も昨日よりもさらに良い天気の中でスノーシューハイキングの2回目を開催。
案内はメインガイドが太田、私がサブガイド。
まずは、準備体操をして・・・
スノーシューハイク

お客様の中には、お孫さんをおんぶしたおばあちゃんがいらっしゃいました。
登山が大好きで、今でも登っているそうです。
唯一、険しいところも難なく歩いていました!
スノーシューハイク

日差しが入る林道を歩くと気持ちがいい。
スノーシューハイク

森を抜けると、視界が開け広大な雪原に。昨日の足跡を見ながら歩きました。
スノーシューハイク

雪原の中に、不思議な足跡がありました。
足跡

キツネの足跡のように見えますが・・・・何かを探していたのでしょうか?
明日も天気が良さそう!

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今年のハイキング企画がスタートです。
「スノーシューハイキング」は小岩井農場の冬恒例の体験です。
愛媛県や秋田県からのお客様をご案内しました。
穏やかな天気で、最高の条件でした。
コースの中で一番広い矢取森牧草地の大雪原を歩く。
スノーシューハイク

振り返ってみてみると、足跡が雪原に見事に描かれていました。
スノーシューハイク

青空が広がり、銀世界が輝いていました。
スノーシューハイク

帰り道、沢沿いの雪原をユキムシが数匹歩きまわっていました。
ユキムシ

次回は1月9日(月)、さらに、2月11日(土)・12日(日)にも開催予定です。
ぜひご参加ください。
10:30スタート、12:30終了予定です。
大人700円、小学生500円、スノーシューは無料でお貸しします。
長靴やスノトレなど、雪の中を歩く準備をお願いします。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

創業121年目の2012まきば園営業初日、天気に恵まれ今日から「まきばでお正月」イベントがはじまりました。新春ビンゴや新春もちつきなど楽しいイベントに大勢のお客様で賑わいました。
P1030808.jpg

新春もちつきでは、まきば園のスタッフのほかに来園されたお子様やお父さんお母さんも一緒にもちつきを体験しました。体験後は、つきたてのお持ちのお振舞!「ん~、おいしい!」
P1030813.jpg

そのほかにも明治時代に作られた小岩井農場すごろくや小岩井農場家族合わせというカード遊び、コマ回しなどを楽しめる「お正月あそび」コーナーでは、家族連れのお客様がチャレンジ!
中でも家族合わせは小学生から大人まで楽しんであそんでいました。
P1030831.jpg

まきばでお正月イベントは1月9日(祝・月)開催いたしております。
明日3日(火)は、

新春もちつき(11:30~ 山麓館特設会場)や
お正月あそび(①9:30~11:00②13:30~15:30 農場資料館特設会場)
も開催しておりますので、ぜひ、まきば園でお正月を楽しんでみてはいかがでしょうか。
スタッフ一同皆様のご来園お待ち申し上げまております。

(菊池)