019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

晴れたり曇ったり、一時的に雨が降ったり・・・、変わりやすい天気で過ぎ去った一日。
小岩井農場の一本桜の開花状況が気になる毎日。
本日お昼頃の一本桜の状況です。
057.jpg

まだつぼみの状態です・・・。
明日以降外気温が高い日が続けば、あと3・4日後ぐらいには開花するのでは、と期待しているのですが。

今年の小岩井農場の一本桜が、どんな姿を見せてくれるのか、待ち遠しい毎日です。

(菊池)

小岩井農場桜情報の2回目です。
第1回から5日も間隔が空いてしまいましたが、どの桜もまだつぼみの状態です。
それでは各場所をご覧ください。

中丸桜並木(2011.4.29)

中丸桜並木です。

中丸桜並木(2011.4.29)つぼみ
中丸桜並木のつぼみをアップで。
ピンク色の花弁が見え始めましたが、まだ開いている花はありません。

上丸牛舎桜並木(2011.4.29)
上丸牛舎桜並木もまだ開花していません。

上丸牛舎桜並木(2011.4.29)つぼみ
こちらも花びらがちょっぴり見え始めていますが、中丸桜並木よりは少し遅いです。

小岩井農場の一本桜(2011.4.29)


最後、小岩井農場の一本桜。
シルエットになってしまいましたが、まだ開花せず。

まきば園周辺では「種まき桜」とも呼ばれるコブシが咲き出しました。
例年よりかなり遅いですね。
なかなか暖かくならない4月。もう少し気温が上がって欲しいところです。

(高山)

4/20に盛岡市で桜の開花が発表されました。
例年ですと、小岩井農場での開花は盛岡市より7日~10日くらい後になります。
という訳で、今朝に桜を観察してきました。

小岩井農場の一本桜(2011.4.24)
今朝の「小岩井農場の一本桜」です。
曇空で桜の木がシルエットになってしまいましたが、開花はまだまだ
先です。

小岩井農場の一本桜(2011.4.24)つぼみ
小岩井農場の一本桜のつぼみアップです。(特別な許可を得て撮影しています)
まだちょっと膨らんできた程度です。
この中からつぼみが大きく成長し開花するにはまだしばらくかかりそうです。
今後のお天気や気温にかかっていますが、今月中に開花するかどうか…。

上丸牛舎桜並木(2011.4.24)つぼみ
このつぼみは上丸牛舎のものです。
一本桜よりは少し進んでいますが、開花まではまだ数日必要ですね。

上丸牛舎入口
今年から、上丸牛舎入口に足元消毒ポイントが設けられました。
家畜伝染病予防のためですので、消毒にご協力をお願いいたします。
また、小岩井乳業工場方面への通り抜けができなくなっております。
牛舎・工場散策路、さらに牛舎構内も一部は進入禁止とさせていただきます。
どうぞ、ご了承いただきたくお願いします。
桜並木や、運動場にいる牛たちをご覧いただくことはできます。

中丸桜並木(2011.4.24)
最も南側となる中丸桜並木もまだ開花していません。

中丸桜並木(2011.4.24)つぼみ
つぼみのアップ。
やはり、ここが最もつぼみの成長が進んでいますが、それでもまだこの状態です。
あと何日かすると、つぼみが顔を出し始めそうですね。

今日のところはこのような状況でした。
昨年は4月中の気温が低く、開花が遅くなりました。
中丸桜並木と上丸牛舎…5月5日開花
小岩井農場の一本桜…5月6日開花
という結果になっています。
今年も昨年と同じような天候が続いていますが、
何とか今年はもう少し早く咲いてほしいなと願いながら、
観察をしていきたいと思います。
次回更新は天候を見て決めたいと思います。

(高山)

朝から岩手山がくっきり見えたまきば園。
ミズバショウウォークも今日が最終日。
地元のお客様や大阪からのお客様が参加し、見ごろのミズバショウを楽しみました。
2059 (1).jpg

西日が射しミズバショウも一段と瑞々しく、光と沢水とのコラボレーションがとても綺麗でした。
2059 (2).jpg

今年のミズバショウウォークは終了しましたが、また来年のこの季節に小岩井農場のミズバショウに会えることを楽しみにしています。
2059.jpg

(菊池)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

小岩井農場の一本桜(2011.4.15)
今日は春が近付いていることを実感できるほどのポカポカ陽気でした。
霞んだ青空も春ならではです。
開花するのはまだ先ですが、小岩井農場の一本桜を撮影してきました。
今年はいつ開花して、見頃はいつになるのか…。
電話でお問い合わせをいただくのですが、予想するのは大変難しいです。
毎年見ていますが、直前の天候が大きく影響するからです。

気象サイト「ウェザーニュース」では、5月4日に開花すると出ていましたね。
実際のところはどうなるのか、もう少し時期が近づきましたら観察を始めたいと思っています。


(高山)

ミズバショウが満開

2011/04/13 16:12

9日からミズバショウウォークを開催中
順調に開花が進んでいます。見頃な株がたくさん並び壮観です。
切り株に座り、小鳥のさえずりを聞き、青空にそびえたつハンノキを見上げる。
目の前にはミズバショウが広がっている。広角レンズで見ると小さいけれど・・
栗の木沢

近づいて見てみましょう。純白の仏炎苞が勢ぞろい
ミズバショウ

さらに近づいてみると、株分けで増えたクローンが立ち並ぶ。確かによく似た形のミズバショウ。
ミズバショウ

小岩井農場オリジナルな二重が可憐なミズバショウもたくさんあります。
ミズバショウ

二重も形がまたいろいろで十人十色。どれがいいかな?
ミズバショウ

振り返るとまたミズバショウ。360度ミズバショウに囲まれている。
ミズバショウ

どこを見てもミズバショウ。天気も良くウォーキング日和でした。
17日が最終日。早く来て見てください。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

本日から4月17日まで毎日10:00と13:30受付の2回、ミズバショウウォークを開催いたします。
初日の今日はあいにくの雨模様でした。
そんな中、参加いただいたお客様は
「雨の日だから来ました。水にぬれたミズバショウはとてもきれいなんです」と話していました。
風もなく、温かかったのできれいなミズバショウを見るには最高の条件でした。
水辺のミズバショウはザゼンソウとは違う魅力があります。

コースの途中でまだ見頃のザゼンソウを観察しました。色変わりの株で、ここ10年間毎年咲いています。
ザゼンソウ

目的地の湿地にはたくさんのミズバショウが咲いていました。
特に水の中や岸辺の株が雪解けが早いために見頃になっていました。
ミズバショウ

小岩井農場のミズバショウの見どころは、白い仏炎苞が2枚ある株が多いことです。
まるで、白鳥が羽を広げて飛び立とうとする姿に似ているかな?
ミズバショウ

さらに1枚の仏炎苞が重なり、華やかな姿に見える株。
ミズバショウ

太く立派な仏炎苞を持った株 これぞ小岩井ミズバショウの基本形!
ミズバショウ

まだ小さい株が多く、これからが見頃です。
ミズバショウ

私達ガイドと共に早春のミズバショウを楽しんでみませんか。
長靴をご用意していただければ湿地の奥までご案内できます。
予約不要ですので、お気軽にどうぞ。

ミズバショウウォークの情報はこちら!

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今日は朝からお日様日和。
いきなり岩手山頂上付近の画像。普段、ズームで撮影することがない私・・・。最近のコンパクトなデジカメでも面白いように写るから驚きです。
2055 (8).jpg

同じ場所から普通に撮影するとこんな感じ。
当然ですが雰囲気がだいぶかわります。
055 (9).jpg

ザゼンソウウォークに参加して、ザゼンソウを観察して楽しむこともできますが、カメラで撮影しながら楽しむのもおすすめです。
これは、毎年スギの切り株のところに咲くザゼンソウです。
なぜにこんなところにあえて咲くのか?不思議ですが、面白い感じもします。
055 (3).jpg

こちらは株分けで増えたザゼンソウ。思わず「ザゼンソウの家族」でもタイトルをつけたくなるような写真。
055 (11).jpg

カメラで撮影しながら観察するのも面白ので、ぜひ参加してみましょう!

(菊池)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

冷たい北風が強く吹き、寒の戻りを感じさせる、そんな日。
カラマツ林もどことなく寒さを感じます。
2055.jpg

今日も午前の部と午後の部のザゼンソウウォークを開催しました。
日に日に春の陽気ともに雪解けもすすみ、ザゼンソウが自生地にポコポコあらわれている姿は可愛い感じがします。。
参加者もひとつひとつ観察し「これ、かわいい!」との声が聞こえてきたり。
2055 (3).jpg

ザゼンソウの花も花粉がついているものもあれば、まだついていないものもあります。
一斉に咲きだし一斉に終わるのでははく、個々によって成長のばらつきはあり、比較的花期が長いので、ここしばらくは楽しむことができます。
2055 (2).jpg

ザゼンソウウォークは4/8(金)まで開催しております。
この機会に参加してみてはいかがでしょうか。きっと春の季節を強く感じることができますよ。

(菊池)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

朝から岩手山も綺麗に見え、森ではシジュウカラがさえずる。
春を感じさせる陽気の中ザゼンソウウォークが今日からはじまりました。

観察場所の森の中では、まだ雪が残っていますが足をとめて観察すると・・・、
2057 (3).jpg

ザゼンソウが自ら発熱していることで、ぽっかり穴が開いているところから顔をのぞかせていました。2057 (1).jpg

では、ザゼンソウは雪を融かすくらい発熱するのでしょうか?
花序の部分に手を入れて暖かさを調べる参加者・・・暖かくない!
そこで市販されているセンサー温度計で調べることに。
2057.jpg

何度?何度?
22.3℃!高い!
22.jpg
じつに不思議な花です。
色や形も変化があり観察することで様々なことに気づきます。

ザゼンソウはこれからが見ごろを迎えます。
今日4/1からスタート、4/8までの開催です。
午前の部は10時から、午後の部は13時30分からのスタート。
事前の予約は必要ありません。
ぜひ、みなさんも小岩井農場で春を感じてみませんか。
ザゼンソウウォーク紹介ページはこちらです。

(菊池)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。