019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

まきばの散歩道

まもなく3月。恒例のザゼンソウウォークが3月26日から4月8日まではじまります。
まだちょっと早いと思いながら観察地に行ってみると!
雪の猫石沢

順調に雪解けが進んでいます。
水辺や湿地では、ザゼンソウがちらほら葉や仏炎苞を突き出していました。
早くから出ているザゼンソウは霜に焼けて黒い斑点が目立ちます。
クレソンに囲まれて春の日差しをあびていました。
ザゼンソウ1

隣にも顔を出している株がありました ・・・
ザゼンソウ2

隣の観察地では霜柱の間にもうすぐ仏炎苞が開きそうな立派な株を発見!
ザゼンソウ3

見れば見るほどリンゴによく似た色柄です。
ザゼンソウ4

雪が降ったり解けたりを繰り返し、あとひと月もするとザゼンソウのいろいろな色や形を見比べで楽しめる時期になるでしょう。
帰り道に、道端の小石の中から芽を出したフキノトウを見つけました。。
フキノトウ

エコファーミングスクールでは小岩井農場の雪解けと共に進む春の話題もこれからも紹介していきます。
お楽しみに。

ザゼンソウウォークの紹介ページはこちら(お問い合わせやお申し込みも可能です)

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

最終回のムーンライトウォークは昨日に続き晴天でした。
今回はカメラと三脚やスノーシューを持参する客様が多かったです。
スタート時点ですでに満天の星空。オリオン座を見上げながら目指す雪原へ向かいました。
地平線まで雲はなく、大気は澄んで風もなし。
月がないために前半はスターライトウォーク。森の中は暗くライトをつけての移動でした。
仁沢瀬防風林夜

目的の矢取森牧草地に到着。
月明りはなく、わずかに東の地平線あたりが明るいかな ・・・・ 月明かりか、それとも盛岡市の街灯りか?
月の出を待つ間、スターウォッチングを楽しみました。
矢取森の星空

待つこと30分くらい、東の森の梢に待っていた月が出現! 20時4分頃
月の出

月をバックに恒例の記念撮影
矢取森で記念撮影

月明かりでできた私たちの人影はすごく長い。
星座と上る月の競演のはじまりでした。
矢取森の月の出

4日間開催した新企画ムーンライトウォークは終了しました。
お客様からは夜の小岩井農場の魅力満喫できたという感想をいただきました。
今回参加いただいたお客様とは、今後のウォークでの再会を約束しました。
次は3月26日から4月8日に開催するザゼンソウウォークです。
春の水辺の春一番の息吹を楽しみましょう。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

最高のムーンライト

2011/02/20 09:29

3日目を迎えたムーンライトウォークは、晴天で風もなく最高の条件になりました。
小学生から高校生、シニアの方々まで幅広い年齢層のお客様の参加がありました。
スノーシューを履いてスタート!
出発時には見事な星空。冬の大三角が見事。
冬の大三角

森を抜けて牧草地の大雪原に着く頃には、満月過ぎのほぼまん丸の月が昇ってきました。
月の出

恒例の月明かりで記念撮影 右端で転んでいるのは私です・・・セルフタイマーをかけ走り ・・・!
ムーンライト3回目

月明かりで輝く大雪原を歩。く 雪は固く締まり歩きやすい。
光る雪原

見晴らしの良い雪原で、フィールドスコープを使い、月やオリオン星雲を観察しました。
雪原で月観察

星空からの素晴らしい贈り物がありました。
岩手山や収穫舎の牧草の話をしていると、私たちが見ている岩手山の上にとても明るい流星が流れたのです。
みんなで歓声を上げ、私も思わずシャッターを切りました。 19時49分です。
興奮して手振れとピンボケに ・・・
ムーンライト流星

シャッター速度は1秒ほどなので、流星の後半一部が写りました。
実際に画面右上からもっと長くきらきら輝きながら流れました。
思わぬ贈り物に全員満足! 
感動を胸に歩く帰り道に見た月明かりと影のシルエットの幻想的な世界。
月明かり風景

帰る頃には月が高く上がり、月明かりで岩手山がクッキリと輝いていました。
月の岩手山

大感激のムーンライトウォークでした ・・・

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

二日目のムーンライトウォークは満月の夜に開催。
宵の頃は吹雪になったものの、熱心なお客様3名の参加がありました。
初歩きウォークにも参加した方々で、昼のこのコースの雪原も歩いています。
歩きはじめると次第に雲が晴れて満月が東の空に顔を出しました。
青白く輝くおおいぬ座の1等星シリウスをバックに月明かりで記念撮影。
ムーンライトウォーク

コースにある牧草を積んでいる収穫舎は月明かりでシルエットが照らし出されていました。
月明かり収穫舎

満月の明りで白い雪原に防風林や人の影がクッキリと長く伸び、光る雪原に模様を描いていました。
幻想的な雰囲気の中でいろいろ話が弾み、2時間がアッという間に過ぎてしまいました。
明日は、またきれいな月が見えるでしょうか。楽しみです。

(齊藤)

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

スペシャルウォーク第2弾「ムーンライトウォーク」第1回を開催いたしました。
新しいウォーキングで満月前後2月20(日)まで開催いたします。
その名の通り、月明かりの中を散策するという冬の夜の特別企画です。
満月前夜の大きな月が東の空に顔を出すのを見ながら出発。
スノーシューを履いて広大な雪原をガイドと歩きます。月は明るく風もなく絶好のコンディション。
月夜の雪原

月あかりを頼りに白く輝く雪を踏しめながら、雪原や森の中を歩くのは新鮮な体験です。
静寂の中、雪を踏みしめる音だけが響きます。
ウサギやキツネの足跡もまります。「これは新しい・・・」などと楽しみながら
参加者は2人、ガイド2人と4人で歩きました。思ったより天気が良く参加を伸ばしたお客様もおりました。
丘の上で月明かりで記念撮影をしました。
月明かり記念撮影

見上げると雲間にオリオン座と冬の大三角が顔を出していました。
月の女神アルテミスに恋をしたオリオンの神話
昔々の蝦夷の族長大武丸伝説にある矢取森などを話題に雪原の夜の浪漫を満喫
月明かり記念撮影2

週末19日・20日も開催します。興味のある方は是非ご参加を・・・!

(齊藤) 

「小岩井農場自然散策・特別版」のツアー参加概要はこちらをご覧ください。

今朝は久しぶりの快晴!
澄んだ空気に蒼い空、あんまり天気が良かったので一本桜へ向かいました。
いろいろ撮影した後で、ブログを見たらなんと!、もうすでに野沢さんが更新しているではありませんか!
そこで、違うアングルで撮影した写真を更新しようと思います。

小岩井農場の一本桜
どこまでの広がる雪原の向こうに岩手山、そして深い色の青空。
こんな綺麗な景色、眺めているだけで心が澄みわたるようです。

小岩井農場の一本桜
2枚目は定番のアングル。
一本桜を観る場所に雪がいっぱい積もっていて、いつもより少し視点が高くなっています。
おかげでとても撮りやすかったです。

まだしばらく寒い日が続くようですが、だんだん暖かくなってくると牡丹雪が降るようになります。
そうすると一本桜に着雪して、これがまた綺麗なんですよね。
今年も折を見て、「小岩井農場の一本桜」を撮り続けようと思います。

(高山)

あおぞら。

2011/02/13 09:39

朝からいい天気です。

一本桜

あまりのきれいな青空につられて一本桜まで行ってみました。
山肌もくっきりはっきり見えますね。

いわて雪まつりも本日最終日。
いいお天気に恵まれて、よかった!
まきば園では、今日も一日子供たちの元気な声が響きそうです。

(野沢)

立春

2011/02/04 08:51

昨日から急に寒さが緩んだ気がしますが、現在(9時)の気温はマイナス3度くらいの小岩井農場です。

モクレン
今朝はなぜか霧が濃かったので、木の芽は凍りついています。
農場の風景も全体にまっ白。
幻想的です。

本部事務所
本部事務所には「みずき団子」です。
小正月にいろとりどりの餅をつけた枝を玄関先などに飾り、五穀豊穣を祈ります。

おや? 団子の下にもなにかありますね。

うさぎ
本部で働いている社員が作った雪像です。
目玉はメタセコイヤという木の実です。
とってもぷりちー♪です。

今日はまきば園で行われる第44回いわて雪まつりのプレオープン!
今年は雪も多く、きれいな雪像ができあがっています。
みなさま、ぜひお越しくださいね。

(野沢)