019-692-4321 - 受付時間 / 9:00-17:00

LANGUAGE

日本の酪農の歴史を語る建築物と文化財 日本の酪農の歴史を語る建築物と文化財

明治期に拓かれた⻄洋式大規模農場、小岩井農場。21棟もの重要文化財の一つ一つが酪農の歴史を語ります。 明治期に拓かれた⻄洋式大規模農場、小岩井農場。21棟もの重要文化財の一つ一つが酪農の歴史を語ります。

百年を超える企業活動の過程で建設されてきた小岩井農場の歴史的建造物群が重要文化財に指定されることになりました。 百年を超える企業活動の過程で建設されてきた小岩井農場の歴史的建造物群が重要文化財に指定されることになりました。

小岩井農場の歴史

小岩井農場の歴史 - イメージ

日々のあくなき挑戦が不毛の大地を緑豊かな農場に変え、次世代の環境技術を生み出すまで。我が国の農牧業をリードし続けた小岩井農場の120年余の歴史を紹介します。

詳しくはこちら

小岩井農場の文化財

小岩井農場の文化財 - イメージ

小岩井農場内には、重要文化財に指定されることになった21の歴史的建造物群があります。すべて明治末期から昭和初期にかけての建築で、その多くが今もなお、現役で使用されています。

詳しくはこちら

宮澤賢治と小岩井農場

宮澤賢治と小岩井農場 - イメージ

岩手県出身の詩人・童話作家の宮澤賢治は、小岩井農場をこよなく愛し多くの作品を残しました。『春と修羅』の「小岩井農場」は、当時の様子を知る貴重な資料となっています。

詳しくはこちら